新築事例 福島市 N様邸

更新日2018.6.18

家族の成長や変化とともにアレンジが可能な家

~普通がいいの!~
プランのお打ち合わせでN様が開口一番おっしゃたのは、「普通に、普通でいいの!」とのお言葉。そこでプランニングのコンセプトは「シンプル&コンパクト、そして使いやすく!」に決定。
1階にダイニング・キッチンと、水回り、N様のお母様の寝室。2階は姉弟それぞれの子供部屋と夫婦の寝室、フレキシブルな使い方ができる予備室とトイレ。シンプルながら、同線の確保はもちろんのこと、コミュニケーションとプライベートを両立させた間取りになっています。
外観も内装もホワイトが基調。あえて装飾を施さず白地ベースにすることで、家族それぞれの好みで小物を配置したり、好みが変わったら変更したりと、自由にアレンジできることに気づきます。
これからお子様たちの成長とともに、おうちがどんな風に育っていくのかとっても楽しみになりました。

住宅形態 木造
工事面積 150㎡
総工事費 約1,900万円
   

N様の新居は、一部開発許可基準が緩和された市街化調整区域内に建てることができました。ゆえに、静かでゆったりとした雰囲気の環境。幅員6メートルもある接続道路は、近くにある学校への通学路として親も安心です。市街地へのアクセスも良く、3世代が暮らす子育てファミリーにぴったりの住まいとなりました。

1階

キッチンとリビングをつなぐ丸いアーチの入口がポイント。ナチュラルカラーの三角ガーランドに奥様のセンスが光ります。

2階

玄関ホールはディスプレイを楽しむスペース。そして家族の一員もいます。

 


白にこだわったシンプルな外観と可愛らしいアプローチ。

白基調の中にも、アンティークタイルとアイアンパーツを使用してあたたかく人を迎える玄関に。