福島 リフォーム 増改築 ほっとリビング

全面リフォーム 福島市 M様邸


和のテイストと洋式のメリットを取り入れて
セカンドライフの暮らしやすさを実現



リフォーム概要

住宅形態  
持ち家一戸建て
築年数   約28年
工事面積   98.06u
総工事費   約1,500万円
工事期間   約2ヶ月

リフォームに至った経緯

お客様は70代のご夫婦。年齢を重ねるのと比例して住まいへのお悩みも増えていったとおっしゃいます。

家にいる時間が長いからこそ、少しでも快適に過ごしたいという願いから思い切ってリフォームを決断。暮らしが変わり、体調も良くなられたそうです!

リフォーム後の様子

コンセプトは「和モダン」お持ちの掘りごたつ、茶箪笥、欄間が活きるデザイン

北側に独立してあったキッチンは暗く、居間までの動線も長く不便を感じていました。そこで、お祖母ちゃん亡き後、庭が見え日当たりが良いのにあまり使用していなかった二間続きの和室の位置にキッチンとリビングを、納戸の位置に奥様の寝室を、など間取りの全面変更を行いました。

家にいる時間が長いからこそ、安全面に配慮することはもちろん、暮らしを楽しめる工夫を随所に散りばめました。内装は自然素材を多用して、対面キッチンのデメリットである臭い・湿気対策及び居心地の良い室内環境を実現。また、床暖房、エコキュート、IH、二重サッシを採用するなど、見えない部分の構造の強化、通風の確保なども行いました。

趣味が多彩なご夫婦が毎日を楽しめるように廊下に「ギャラリーコーナー」を設置。ご主人が作られた切り絵やこけしのコレクション、奥様がお持ちの調度品を飾っています。

一番の喜びは、リフォームしたことによってご主人が趣味のカメラを再開して生活を一層楽しむようになり、体も元気になられたことだそうです。
   
▲リビングには茶掛けコーナーを設けて和のテイストを利かせ、二本松の手漉き和紙を市松に貼りました。掛け軸は奥様の作品。
後ろが収納になっています。
▲廊下と階段下に設けたご夫婦の趣味のギャラリーコーナー。トイレの電気をつけると、奥様命名「ほっとりの月」が出現するしかけ。
   
▲縁側を取り払ったことで明るさが戻ったリビング。
新しく設けた北側の採風ドアから気持ちの良い風が流れます。
▲多趣味のご主人が使用する収納たっぷりの畳ベッド。
元の居間にあった見事な彫刻欄間は、ベッドサイドの間接照明としてよみがえりました。
   
▲キッチンは対面式で必要に応じて間仕切ることが可能。

リフォームされたお客様より

まず、“リフォームして良かった!”

この年代で果たしてできるかな?と不安がいっぱいでした。でも、こうして住んでみて念願が叶ったと実感しています。主人は療養中でパジャマ姿が多かったのが、病と付き合う姿勢になり生活を楽しんでいます。

『住育』そのものです。予算は少々オーバーしましたがそれなりの良さを感じて納得しています。本当にほっとリビングさんで良かった。






リフォーム・新築に関するお問い合わせ、無料お見積もりはこちらから

 お問い合わせ

無料お見積もり依頼


他の事例を見るにはこちら
リフォーム

TEL : 0800-800-0181

定休日 : 毎週日曜日
営業時間 : 10:00 〜 18:00
住所 :福島県福島市御山字中川原84-1




ほっとリビングスタッフブログ




>>太陽光発電システムなら


 ほっとリビングは篠塚
 健次郎氏を応援しています









リノベーション